10年後の自分のために正しい泡洗顔をはじめよう

取り替えがきかない、たいせつなお肌だからこそ、できる限り、たいせつにしたいですよね。そのためには、お肌に過剰な刺激を与えないコトが大事なのです。

特に注意したいのが、肌を「こすらない」ことです。

私も、以前は顔をゴシゴシ洗っていたんですが(そうしないと汚れが落ちない気がして...)、いまは極力こすらないケアをこころがけています。

肌をいつまでも綺麗に保つためにも実践していただきたいのが泡洗顔なんです。

まずは泡洗顔って何?という方のために、解説していきますね。

泡洗顔とは、かんたんに言うと、文字のごとく「泡で洗顔をする」ことです。

洗顔フォームを手に出して、お肌につけてゴシゴシ...という洗顔ではなく、泡立てネットなどを使ってよ~く泡立てて、ふわふわの泡を作ってやさしく洗う方法です。

はっきり言って、最初のうちは、この泡立てる作業は面倒くさいです。

ですが確実にお肌が変わっていくのを感じるハズ!!

お肌の乾燥が治ったり、シミが薄くなったりと、うれしいコトがたくさんありますよ。

もちろん効果には個人差がありますが、ゴシゴシ洗うよりも確実にお肌の調子は良くなると思います。

たいせつなお肌のために、泡洗顔、あなたもはじめてみませんか?

お肌のためにも、やさしくいたわるように顔を洗ってみてくださいね。

泡洗顔は若い方からアンチエイジングが気になりはじめた方まで、どなたにもオススメですよ。

泡洗顔をはじめる方におすすめなのが、「よか石けん」!

ふわふわもちもちの泡をつくるコトができますよ。

関連記事
  1. やっちゃダメ!泡洗顔で気を付けて欲しい3つの注意点。
    泡洗顔をおこなう際に、いくつか気をつけるコトがあります。 守らないと泡洗顔をする意味がなくなってしまいます。 最初は面倒かもしれませんが、習慣になるまで続けていきましょ。 1、首筋を洗うのをわすれずに...
  2. 泡をたっぷり使った正しい泡洗顔のやり方
    では、いよいよ泡洗顔をはじめましょう~! ここでは泡洗顔のやりかたについて書いていきますよ。 できるだけていねいに解説していきますので少し長くなりますが、お付き合いいただければ嬉しいデス。 1.すすぎ...
  3. 泡洗顔をするときに必要なものって?
    よ~し!今日から泡洗顔をはじめようと思い立った方。でも、ちょいとお待ちを。 その気持ちはとっても素敵なのですが、泡洗顔には必要なモノがあるんですよ。 では、ここでは、泡洗顔に必要なグッズをご紹介します...
  4. 10年後の自分のために正しい泡洗顔をはじめよう
    取り替えがきかない、たいせつなお肌だからこそ、できる限り、たいせつにしたいですよね。そのためには、お肌に過剰な刺激を与えないコトが大事なのです。 特に注意したいのが、肌を「こすらない」ことです。 私も...