やっちゃダメ!泡洗顔で気を付けて欲しい3つの注意点。

泡洗顔をおこなう際に、いくつか気をつけるコトがあります。

守らないと泡洗顔をする意味がなくなってしまいます。

最初は面倒かもしれませんが、習慣になるまで続けていきましょ。


1、首筋を洗うのをわすれずに

洗顔するトキ、首筋まで洗っていますか?

そこまで気が回らないよ~、という方も多いと思いますが、デコルテ部分も実は顔の一部。

ていねいに洗うと、お肌がさらにキレイになりますよ。

鎖骨のあたりからフェイスラインに向けて、円を描くようにやさしく、泡をなじませていきます。

首は年齢が出やすい部分ですので、わすれずにケアしていきましょう。


2、タオルで顔を拭くときの注意点

おうちに帰るまでが遠足!なんてことばがありますが、洗顔も、さいごが肝心。

タオルで拭くまでが洗顔なんです。

泡でやさしく洗顔をしても、タオルでゴシゴシ拭いたら、その努力も水の泡。

やわらかいタオルを使い、顔を包み込むように、やさしく水分をふき取るようにします。

拭いたあとは、乾燥しないうちにスキンケアをしてくださいね。


3、泡立てネットは清潔に

洗顔料を泡立てるために使う、泡立ちネット。

ネットが汚いと、それを使って泡立てた泡も汚くなってしまいます。

せっかく泡洗顔をするのですから、きれいなネットを使いましょう。

使い終わったあとはよく洗って乾かしてあげてくださいね。

関連記事
  1. やっちゃダメ!泡洗顔で気を付けて欲しい3つの注意点。
    泡洗顔をおこなう際に、いくつか気をつけるコトがあります。 守らないと泡洗顔をする意味がなくなってしまいます。 最初は面倒かもしれませんが、習慣になるまで続けていきましょ。 1、首筋を洗うのをわすれずに...
  2. 泡をたっぷり使った正しい泡洗顔のやり方
    では、いよいよ泡洗顔をはじめましょう~! ここでは泡洗顔のやりかたについて書いていきますよ。 できるだけていねいに解説していきますので少し長くなりますが、お付き合いいただければ嬉しいデス。 1.すすぎ...
  3. 泡洗顔をするときに必要なものって?
    よ~し!今日から泡洗顔をはじめようと思い立った方。でも、ちょいとお待ちを。 その気持ちはとっても素敵なのですが、泡洗顔には必要なモノがあるんですよ。 では、ここでは、泡洗顔に必要なグッズをご紹介します...
  4. 10年後の自分のために正しい泡洗顔をはじめよう
    取り替えがきかない、たいせつなお肌だからこそ、できる限り、たいせつにしたいですよね。そのためには、お肌に過剰な刺激を与えないコトが大事なのです。 特に注意したいのが、肌を「こすらない」ことです。 私も...